会見で政界引退を表明した大島氏=12日午後6時ごろ、八戸市の八戸プラザホテル

 自民党の大島理森衆院議長(74)は12日、八戸市の八戸プラザホテルで記者会見を開き、次期衆院選青森県2区に出馬せず、政界を引退すると表明した。「燃え尽きる前に新時代のために働ける人材を見いだし、『新たな灯(ともしび)』をつくることが私の責務と決意した」と引退理由を説明。後継者は「推挙したい人がいる」と述べ、近く明らかにする方針も示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。