浅虫地区で開催中の「浅虫ねぶた祭り青空写真展」。店舗や旅館の窓などに約70枚の写真が掲示されている

 コロナ禍で青森県内の夏祭りが軒並み中止となる中、青森市の浅虫地区では、さまざまな年代に撮られた地域ねぶたの写真を店舗や旅館の窓に張り、道行く人に見てもらう「青空写真展」が開かれている。住民などでつくる「浅虫まちづくり協議会」と「浅虫まちおこし応援団がっちゃんこ」の主催で、今月末までの予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から