青森県警は11日、県警本部刑事部に所属する30代男性警察官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。軽症で自宅療養中だが、ホテル療養に切り替える予定。

 県警によると、感染が判明した警察官の最終勤務日は7月30日。31日から休暇を取得し、1~5日は家族と2人で県外へ行っていた。帰宅した5日夜に発熱があり数日間微熱が続いたため、9日に青森市内の医療機関を受診。抗原検査で陽性となったため10日にPCR検査をして陽性となった。感染経路は保健所で調査中という。

 この警察官は7月31日から出勤しておらず、接触したのは家族1人。県警本部内の関係部署は消毒済み。