青森県野辺地町の野辺地町商工会は11日、新型コロナウイルス感染症の経済対策事業として、8日から販売しているプレミアム率25%の商品券「えがおの商品券」の一部に製本ミスが見つかったことを明らかにした。同商工会によると、1冊20枚つづりだが、19枚や21枚の冊子があったという。

 商品券は、1冊当たり共通券(大型店での利用可能)16枚と共通券(大型店を除く)4枚。購入者から1枚少ない冊子があると同商工会に連絡があり発覚した。製本過程での不備があったという。

 同商工会は「ご迷惑をお掛けした」とし、不足については補填(ほてん)、枚数が多い場合はそのまま使ってもらうことにしている。誤りがあった場合は同商工会(電話0175-64-2164)へ。