八戸港内の防波堤外側でパナマ船籍の貨物船「CRIMSON POLARIS(クリムゾン ポラリス)」が航行不能となっている事故で、国の運輸安全委員会は12日、船舶事故調査官3人を派遣することを決めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から