除排雪管理デジタル化の将来像(青森市資料から抜粋)

 青森市は今冬、人工知能(AI)、情報通信技術(ICT)を活用した除排雪管理の実証実験に取り組む。これまでは現場での職員の目視を基に、経験に頼った出動判断、電話、ファクスによる業者への出動指令といったアナログでの作業管理だったが、将来的には道路状況把握から出動判断、業者への出動指示に至るまでの包括的なデジタル化を実現し、大幅な効率化を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から