常念寺で公開されている屏風。源平合戦の場面が色鮮やかに描かれている

 青森県むつ市の常念寺の寺宝で、県内の屏風(びょうぶ)としては最古例とされる「一ノ谷屋島合戦図屏風」の公開が10日から同寺本堂で始まった。「平家物語」に登場する源平合戦の場面が色鮮やかに描かれている。16日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。