真夏の岩手競馬を飾る統一重賞「クラスターカップ」(Jpn3)が9日、盛岡競馬場で行われた。8日に日本中央競馬会(JRA)の最年長重賞勝利記録を更新したばかりの柴田善臣(東北町出身)が騎乗する1番人気リュウノユキナが直線で内から抜け出し、1分11秒1で優勝した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。