枝払いが行われる前(6月24日)=写真上=と、枝払い後(8月3日)の県道青森田代十和田線。枝払い後は緑のトンネルがなくなり、景観が変わっている=みちのく深沢温泉付近

 風力発電所の風車に使う羽根(ブレード)を運ぶルートとなっている八甲田(青森市)の県道青森田代十和田線山間部で、輸送業者が7月、運搬の妨げになるとして道路上に伸びる枝の一部を刈り払った。通行する人たちからは「この時季にきれいに見える緑のトンネルがなくなり、景色が変わってしまった」などの声が聞かれる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。