表彰式後、贈られた銅メダルを手にようやく笑顔を見せた藤田

 「これまでで一番悔しい」。相撲個人決勝トーナメント準決勝で、藤田(三本木農・三農恵拓)は優勝候補筆頭の落合(鳥取城北)に完敗を喫した。試合では感情を出さないようにしている-という主将はよつんばいになると、右手手のひらで土俵を思い切りたたき、悔しさをあらわにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から