50才を前に「終わらないライブ人生」を目指すというタマ伸也さん=6月19日、東京・新宿ゴールデン街劇場

 芸歴22年。今さらこの欄で紹介するのもやや気が引けるが、あえて、ご登場いただいた。アイス「ガリガリ君」(赤城乳業)のCMソングを歌う3人組のコミックバンド「ポカスカジャン」メンバーと言えば、知る人ぞ知る、かも。でも知らない人も、そこそこいるような。青森市の観光大使も務めるお笑い芸人? いやいや、本人はれっきとしたミュージシャンを主張? 劇団にして芸能事務所の「ワハハ本舗」(東京都)所属、タマ伸也さん(49)=本名・玉井伸也、青森市出身=である。

 東京は新宿ゴールデン街。狭い路地に、味わいのある小さな飲み屋がびっしり並ぶ。そぼ降る雨もうっとうしい梅雨の夜、一角に立つ劇場の客席は満員だった。とは言っても、30人も入れば隣の客と肩が触れ合う空間で、ライブ「歌であいましょう」が定期的に開かれている。MCも兼ねるタマさんはショーの“顔”的存在。ギターを手に出演者と競演しながら、「歌8割」「お笑い2割」、2時間40分の舞台を作り上げた。

 「僕は『幕の内弁当ライブ』と呼んでいるんです。素人から、後輩やプロのミュージシャンまで、いろんな人がごちゃまぜ。それはワハハが35年間やってきたスタイル。でも最近は自分も含めソロ活動が増え、一緒にやる場が少なくなった。そういう中で、喰(たべ)さん(ワハハ本舗主宰で演出家、放送作家の喰(たべ)始(はじめ)氏)と企画して、みんなとまた一緒にやるのは、自分にとっても意味のあること」

 「今回は4回目ですが、10回目、来年をめどに久本(雅美)さんや柴田(理恵)さんも呼んで、もっと大きなところでやりたい」

 7月29日、サッカー日本フットボールリーグ(JFL)の県勢対決、ヴァンラーレ八戸-ラインメール青森戦が八戸市ダイハツスタジアムで行われる。今季からヴァンラーレの公式サポーターとなったタマさんは、ハーフタイムに登場し、盛り上げるという。ただ、地元でのライブとなると、1999年に青森市で開いて以来、機会が無い。「いつかまた故郷で、という思いはあります」

 昨年11月、いろんな人やモノになりきって曲を作った楽曲集「タマ伸也 入りますCD」をリリースした。タマさんが“入った”のはあのジョン・レノンや、まさかの今上天皇だ。

 9月には50才になる。これから一体どこに向かうのか?

 「節目の年を前に『ネバー・エンディング・ライブ』『終わらないライブ人生』をテーマに掲げました。とにかくやり続ける。そうすれば、その向こうに何かが見えてくるかも」