白神酵母を使った新酒を手にする盛田社長(左)と殿内教授=弘前大学

 八甲田山系のミズナラの落ち葉から採取した酵母で醸した純米吟醸酒が8日、青森県内で発売される。弘前大学の協力を得て、造り酒屋の盛田庄兵衛(七戸町)が醸造した。水、米も含め、青森県の風土の恵みを凝縮した県産酒となった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。