青森県の漁業について学ぶ賓陽塾の受講生

 青森県内の漁業後継者を育成する「賓陽(ひんよう)塾」が5日、平内町の県産業技術センター水産総合研究所で開講した。本年度は6人が受講。今月下旬まで、漁業技術の一つであるロープワークの研修や小型船舶操縦士の資格取得講習などに臨む。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から