新型コロナウイルス感染患者の入院要件を厳格化した政府方針を巡り、県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は4日、青森県の対応について、「(感染状況から)現在の対応方針を変える必要は今のところ感じない」との認識を示した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。