東京五輪第12日の3日、男子団体準々決勝で、前回リオデジャネイロ五輪銀メダルの日本はスウェーデンを3-1で下し、ドイツとの準決勝に進んだ。第1試合のダブルスで丹羽孝希(青森山田-明大出、スヴェンソンホールディングス)張本智和(木下グループ)組が、カールション、チェルベリ組を3-1で退けて先勝。シングルスで水谷隼(青森山田-明大出、木下グループ)がファルクに1-3で敗れたが、張本がチェルベリに3-1、丹羽がファルクに3-0で勝った。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から