スープや缶詰、コーヒーなどボックスに入った食品を受け取る鹿内代表理事(左)=3日

 コンビニのファミリーマート(本社東京)は、家庭で余った食品の寄付を受け付けるボックスの設置を青森県内店舗で始めた。皮切りとして弘前市内の13店に置き、同市の一般社団法人「みらいねっと弘前」がボックス内の食品を定期的に回収し、子ども食堂の運営団体などに届ける。同社は16日に青森市、八戸市、五所川原市の計39店舗にもボックスを設置する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から