昨年12月に青森市で行われた強化合宿で、練習の前に笑顔を見せる入江(左)と並木

 3日に行われた東京五輪ボクシング競技の女子フェザー級決勝で、日本女子ボクシング史上初の金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)は昨年12月、青森市で行われた女子代表強化合宿で腕を磨いた。7日に女子フライ級決勝を控える並木月海(自衛隊)も同じ合宿に参加しており、青森ゆかりの2選手による「ダブル金」へ、期待も膨らむ。合宿の受け入れに携わった県内ボクシング関係者や両選手の練習相手を務めた高校生から「感動した」「刺激になる」などと喜びの声が上がった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。