オンライン形式の組み合わせ抽選会に参加し、「10番」のくじを選ぶ弘前学院聖愛の佐藤海主将(同校提供)

 第103回全国高校野球選手権の組み合わせ抽選会が3日、オンライン形式で行われ、出場49校の対戦カードが決まった。2回戦からの登場となった青森県代表の弘前学院聖愛は、大会第7日第1試合(15日午前8時開始)で石見智翠館(いわみちすいかん、島根)と対戦。佐藤海(かい)主将は「わくわくしている」と心待ちにしながら、目標とする「津軽から日本一」を誓った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。