PGヨーグルトで乾杯する宮下宗一郎むつ市長とGMU(左から藤本ほのみ、堀川あい、森野まりん)
+PGのむヨーグルト
ボン・サーブ前に広がる緑地では、マスコットのヤギとも遊べます
釜臥山から見た夜のむつ市街。羽を広げたアゲハのよう(むつ市提供)

 今回は少し足を延ばして、青森県むつ市の斗南丘牧場へ。こちらのミルク工房ボン・サーブさんが販売している「+PG(プロテオグリカン)のむヨーグルト」が、美と健康を求める女子の注目を集めているという話。なので、地域活性化アイドルのGMUメンバーとしては来ないわけにいきません。森野まりん、堀川あい、藤本ほのみの3人でお邪魔しました。

 斗南丘牧場の原広平部長に伺ったお話だと、下北の酪農は約80年の歴史があるそうです。ボン・サーブの乳製品がおいしいのは、牧場で搾りたての牛乳を原料に使っているため。深いコクと濃厚な味わいで人気があるヨーグルトに、青森県内で開発されたPGをプラスして、お肌のうるおいや関節の動きをサポートする商品が生まれたのです。

 食リポには、宮下宗一郎市長もおいでくださったので、メンバーと一緒に乾杯! 「おいしい~」「うんまい」と顔を見合わせる森野と堀川。藤本からは「少し酸味が効いて、さっぱりしてる。PGの原料はサメかな?」とコメントありました(本当はサケの鼻軟骨から取っています)。

 ボン・サーブではソフトクリームも人気と聞かされた3人。これは、食べないわけにはいきません。ひと口ごとに「むっちゃ濃厚」「クリーミー」と、うれしさが止まらない。

 さらに「下北は、おいしいものの宝庫。ホタテやイカ、タラに大湊海自カレー、最近は大湊Sora空っ!(そらから)もありますよ」と地元の名物を繰り出す宮下市長に、3人は「そんなにたくさん食べ切れないです」とタジタジ。隣の草地で飼われているヤギたちが、不思議そうに見つめていました。

◆◆◆ここがオススメ◆◆◆

 ■観光・行楽 恐山/釜臥山展望台/斗南藩史跡/水源池公園/北の防人大湊安渡館・海望館/北洋館/川内川渓谷/薬研渓流/鯛島

 ■食・お土産 大湊海自カレー/大湊海軍コロッケ/大湊Sora空っ!/海峡サーモン/一球入魂かぼちゃ/下北ワイン/下北牛/みそ貝焼き/夏秋イチゴ/べこもち

 ■問い合わせ むつ市シティプロモーション推進課(TEL0175-22-1111)

【関連リンク】うまい森青いもり