幸先良く始まった弘果の初競り=3日午前8時50分ごろ、弘前市
花祝が高値2万1600円をつけた津軽りんご市場の初競り=3日午前9時ごろ、板柳町

 2021年産青森県産リンゴの初競りが3日、弘前市の弘果弘前中央青果、板柳町の津軽りんご市場、五所川原市の五所川原中央青果の3市場で行われた。お盆のお供えなどに使われる花祝が弘果で3年連続1箱3万円以上(20キロ原箱)、津軽りんご市場で2年連続2万円以上のご祝儀価格がついた一方、高値がついた前年の反動があり各市場で前年より安値が目立った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から