東京五輪に出場している選手が会員制交流サイト(SNS)上で誹謗(ひぼう)中傷されている問題が相次いでいることを受け、卓球混合ダブルス金メダルの水谷隼(青森山田-明大出、木下グループ)は2日、悪質な行為と戦う姿勢を示した。自身も心ないメッセージを受け取っており「僕は他の選手より免疫がある。年齢も上だし、経験もあるのでできるだけ先頭に立っていきたい」と強い意志を示した。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から