初出荷された八戸麦酒。7日から販売される=2日、カネク醸造南郷醸造所
初出荷の八戸麦酒をトラックに積み込む山形会長(左から2人目)とヴァンラーレの下平社長(同3人目)=2日、八戸市のカネク醸造南郷醸造所

 八戸発のクラフトビール造りに取り組んでいる「カネク醸造」(青森県八戸市南郷、山形虎雄社長)は2日、完成した4種類の「八戸麦酒(ビール)」商品を初めて出荷した。7日から八戸市内のスーパーや百貨店、道の駅などで販売される。醸造を担当する山形琢一会長は「これからが本当のスタートであり勝負。市民に愛されるビール造りへ精進していきたい」と語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から