側面に夏祭りや「縄文」世界遺産登録を祝う画像をあしらったアドトレーラー

 青森県内四つの観光団体などは31日~8月14日に、車体に青森ねぶた、弘前ねぷた、八戸三社大祭の山車などの写真を掲載し、囃子(はやし)の音を流すアドトレーラー(移動広告車)を県内各地で展示、運行する。新型コロナウイルスの影響で夏祭りが中止になる中、少しでも雰囲気を味わってもらうのが目的。「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に決まったことも周知する。31日、青森市のアスパムで出発式を行った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。