日よけの傘を差しながら三内丸山遺跡の遺構を見学する人たち=青森市
家族連れが時折散策する姿が見られた大森勝山遺跡=弘前市

 青森県、北海道、岩手県、秋田県の17遺跡でつくる「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されて初の週末を迎えた31日、青森県内に分布する8遺跡には、見学者が続々と訪れた。5月に登録勧告を受けてから既に見学者が増え始めたという遺跡もあり、関係者は新たなファン獲得に期待を寄せている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。