ブレードの先端側を持ち上げ、交差点をゆっくりと曲がる専用トレーラー=31日午前0時23分、青森市栄町

 青森県七戸町の八幡岳などに建設中の「JRE七戸十和田風力発電所」で使用するブレードの陸上輸送が始まっている。ルートとなっている青森市街では31日未明、専用のトレーラーに載せられた巨大な羽根が国道を進み、市民らが足を止めて眺める姿が見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。