再開した全体練習で、打撃練習に励む聖愛ナイン=聖愛グラウンド
優勝旗を持つ佐藤海主将(右)を先頭に入場する聖愛ナイン。壮行式で甲子園での健闘を誓った=聖愛体育館

 26日の全国高校野球選手権青森大会決勝で青森山田に競り勝ち、8年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めた聖愛が30日、弘前市の同校グラウンドで全体練習を再開した。選手たちは午前10時から約1時間半、打撃練習や守備の連係確認など軽めのメニューをこなし、目標に掲げる「津軽から日本一」の実現に向け、気合を入れ直した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から