オンライン取材で、五輪への思いなどを語る本村=30日

 東京五輪7人制ラグビー(セブンズ)男子日本代表の本村直樹(29)=八戸高-筑波大出、ホンダヒート=が30日、都内で東奥日報など地元紙のオンライン取材に応じた。本村は出場12チーム中11位に終わった成績に悔しさをかみしめつつ、初めての五輪について「反響が今までになくすごかった。世界的なイベントに出ているんだとあらためて実感した。これまでの代表生活で、世界の強豪と戦えたことは大きな経験」と充実感をにじませた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。