青森県は30日、米ファイザー製新型コロナウイルスワクチンについて、8月後半の2週間(8月16~29日)の市町村別配分量を確定、公表した。県内の配分総数は111箱(1箱当たり1170回分、計12万9870回分)。国が公表済みの配分量を基に、県が調整枠分などを含めて、14市町に1~5箱を上乗せした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から