出版した「ポップの本」を手にする及川さん。後ろの棚には手書きのポップがついた本が並んでいる

 青森県八戸市の木村書店でポップ(店頭広告)制作を担当する「ポプ担」として知られる及川晴香さん(33)の「青森の八戸にある小さな本屋さんの猫がかわいいポップの本」が小学館から出版され、注目を集めている。及川さんは「書籍化は本当にうれしい。この本をきっかけに本屋さんに出向き、自分で好きな本を見つけられる人が増えてほしい」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。