設工認審査の現状を説明する増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は29日、青森市の青森地域共生本社で開いた会見で、六ケ所再処理工場の「設計・工事計画の認可(設工認)」について「簡単にこなせないという状況。審査を乗り切れるよう、しっかりと備えたい。ただ、今後の申請も当初の計画通りにいくとは言えない」との認識を示した。計3回を予定する申請のスケジュールは既に遅れが生じている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から