忠汰さん(左)が手掛けている、桃鉄の立佞武多の骨組み。桃太郎など主要キャラクターの形を忠実に再現している

 五所川原立佞武多(たちねぷた)が新型コロナウイルス禍のあおりで2年連続の中止となる中、人気ゲームソフト「桃太郎電鉄(桃鉄)」を題材にした立佞武多の第2弾の制作が進んでいる。お披露目の形はまだ明らかになっていないが、制作側は「地域に元気を与えるきっかけになれば」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。