奥羽クリーンテクノロジーが整備した豊洲リサイクルセンター=八戸市
周辺環境に配慮し、霧を散布する装置などを備えた

 青森県八戸市の廃棄物処理業「奥羽クリーンテクノロジー」(笹垣岳史社長)が同市に建設を進めてきた「豊洲リサイクルセンター」が完成し、8月2日から稼働を始める。集じん対策など周辺環境や労働環境に配慮した、県内で最先端の屋内型施設。従来の産業廃棄物の保管、破砕のほか、新たに選別にも取り組むことで資源リサイクルを推進する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から