ねぷた和紙を使った御朱印を手にする(左から)渋谷さん、宮本宮司、檜山さん

 青森県鶴田町の鶴田八幡宮(宮本充宮司)は、弘前市の津軽藩ねぷた村の協力で今年も弘前ねぷたまつりに出陣したねぷたの和紙などを再利用した「ねぷた御朱印」を、数量限定で頒布する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から