スティックバルーンを手に試合を見守る八戸高校の生徒=28日午前、八戸市

 東京五輪7人制ラグビー男子日本代表の最終戦となった韓国戦が行われた28日、日本代表で青森県八戸市出身の本村直樹(29)の母校・八戸高校の1、2年生約480人が同校体育館で観戦した。フル出場し日本の今大会初勝利に貢献した先輩の背中を後押しした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から