青森県六ケ所村のむつ小川原開発地区の土地分譲などを行う新むつ小川原株式会社(東京)は28日、「ENEOS」(同)、「デロイト トーマツ コンサルティング合同会社」(同)とともに、再生可能エネルギーを活用した水素製造や利活用の実現可能性を調査すると発表した。同地区を水素の製造・運搬などの拠点とし、二酸化炭素を排出しない水素サプライチェーン(供給網)構築を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から