【陸上女子ハンマー投げ決勝】雨が降る悪条件の中、59メートル00の大会新で優勝を飾った村上(弘前実)=28日、福井市の9.98スタジアム
インターハイの陸上競技女子ハンマー投げで59メートル00の大会新で優勝し、賞状を掲げる村上来花(弘前実)=福井県営陸上競技場

 全国高校総合体育大会(インターハイ)は28日、福井、新潟、石川の3県で3競技を行った。青森県勢は陸上で女子ハンマー投げの日本高校記録を持つ村上来花(弘前実3年)が59メートル00の大会新で優勝を飾り、悲願の全国タイトルをつかんだ。女子1500メートルで伊藤瑠音(るね、青森山田3年)、男子棒高跳びで熊本樹(大湊3年)が決勝へ進出。400メートルでは男子の田村康生(田名部3年)と女子の平木陽(はる、青森山田2年)が準決勝で敗れた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。