日本遺産3港PRイラストを前に、記念撮影する3町の担当者と野辺地中美術部員、豊川さん(右から2人目)
(左から)深浦、鯵ケ沢、野辺地各港のオリジナルデザインのミニ絵馬。全3町を巡った人には、最後にスタンプを押印した町のデザインが入ったミニ絵馬をプレゼントする

 文化庁が認定する日本遺産「北前船寄港地・船主集落」の文化財がある青森県鯵ケ沢、深浦、野辺地の3町教育委員会は28日、野辺地町中央公民館で記者会見を開き、魅力発信のために企画された連携イベントの概要を発表した。30日から巡回パネル展やスタンプラリーを実施。このほか3町それぞれで、北前船にまつわる歴史をたどる町歩き行事を開催する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から