高田ねぶた実行委員会制作のねぶた(中央奥)とともに、写真に納まる青森市の関係者たち=27日午後7時43分、同市の「縄文の学び舎・小牧野館」
いのっちねぷたを手に登録を喜ぶ弘前縄文の会の会員=27日午後6時51分、弘前市役所
万歳三唱する是川地区の住民やボランティアら=27日午後6時58分、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
万歳して喜ぶボランティアガイドのメンバー=27日午後7時50分、つがる市生涯学習交流センター「松の館」
モニターの前で拍手をして喜ぶ山崎町長(右手前)ら外ケ浜町の関係者=27日午後6時51分、外ケ浜町役場
登録が決まり、拍手で祝うボランティアガイドや地元住民ら=27日午後6時52分、七戸町の二ツ森貝塚館

 【青森】青森市は「縄文の学び舎(や)・小牧野館」で、ガイドや地元関係者ら約40人とともに式典を開催。くす玉を割って拍手で喜び合った。小牧野(こまきの)遺跡を管理する同市の小野寺晃彦市長は「関係者や地域の支えのたまものであり、感無量。遺跡群を将来に引き継ぐべく国、県、地域と力を合わせて取り組む」とあいさつした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から