自主運行するねぶたの面に墨を入れる長内さん

 新型コロナウイルスの影響で今年の五所川原立佞武多(たちねぷた)祭りが中止となったことを受け、五所川原市のねぶた制作・運行団体「誠和會」が8月、市内でねぶたを自主運行する。祭りの中止に伴う自主運行は2年連続。地域の伝統行事に空白が生じ、ねぶたに対する地域住民の情熱が薄れるのを防ごうと企画した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。