世界遺産の登録決定を受け、記者会見に臨む三村知事=27日午後7時40分、青森市の東奥日報新町ビル

 「北海道・北東北の縄文遺跡群」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。登録による経済効果への期待は高く、コロナ禍とはいえ、既ににぎわいを見せている構成資産の遺跡もある。一方、関係自治体などにとっては、将来にわたって遺産を保全する重責が課されたことになり、縄文遺跡群を生かしつつ守っていく、地域の体制づくりが問われる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から