青森県は27日、県内の新型コロナウイルス感染者から「L452R」変異株が初めて検出されたと発表した。県は、インド由来の「デルタ株」の可能性が高いとみている。