展示が始まった聖火リレーのトーチとユニホーム

 青森県三沢市は26日、市民2人が東京五輪の聖火リレーで使ったトーチとユニホームの展示を、市役所本館1階ロビーで始めた。2人は六川目自主防災会会長の一戸実さん(72)と市教育委員会学校給食センター所長の海老名達郎さん(57)。一戸さんが1964年の前回東京大会でランナー伴走者を務めた際のユニホームと一緒に、8月6日まで平日午前8時15分~午後5時に展示する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から