大壺、大鉢3点組を高樋市長(左から2人目)に寄贈した今井さん(同3人目)と通子さん(右端)、保典さん(左端)

 青森県黒石市に津軽烏城焼(うじょうやき)三筋工房を構える、陶芸家の今井理桂さん(73)が21日、同市に「自然釉(ゆう)龍唐草文」の大壺(おおつぼ)、大鉢3点組を寄贈した。大鉢は8月15、16日に市内で行われる東京パラリンピック県聖火フェスティバルの「聖火ビジット」で、聖火ランタンの展示台として使われる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から