オンラインで開催されている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第44回世界遺産委員会は日本時間26日夜、各国が推薦した世界遺産候補の3日目の審議を終えた。ユネスコが25日時点で公表した資料によると「北海道・北東北の縄文遺跡群」(青森県、北海道、岩手、秋田)の審議は4日目の3番目で変わっておらず、順調に進めば27日夜に世界文化遺産登録が決まる見通し。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。