弘前市新法師地区に設置したサル用の大型檻。10頭以上を一度に捕獲できる

 岩木山麓に近い青森県弘前市新法師、高岡地区で4月以降、サルの目撃情報が相次ぎ、地元町会と市は26日、新法師地区にサル捕獲用の大型檻(おり)を設置した。サルは追い払っても何度も畑に現れて農作物を食い荒らし、農作業中の人を威嚇するなど凶暴な行動が目立ち、地元農家は「リンゴの収穫が始まる前に何とか捕獲したい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。