東京五輪7人制ラグビー日本代表の本村直樹(29)=青森県八戸市出身、八戸高-筑波大出、ホンダヒート=が26日、東京スタジアムで行われた1次リーグB組のフィジー戦で五輪デビューを果たした。試合は19-24で敗れたが、前回リオデジャネイロ五輪の王者相手に善戦。続く英国戦では0-34と完敗し2連敗を喫したが「ボールを持ったらどんどん前に出て、相手と勝負したい」と五輪期間中、自身の初トライへ意欲を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から