中南地区の教育関係者や市民が参加した懇談会

 青森県教育委員会は26日、弘前市の弘前パークホテルで、県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)策定に向けて住民の意見を聞く地区懇談会を開いた。参加者から学級減の必要性を問われ、県教委側は「中南地区だけ学級減をしなければ他地区からの流入が増える。留保するのは難しい」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から