青森県は26日、県内で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。居住地別に八戸市、弘前保健所管内、三戸地方保健所管内で各1人。県内の感染確認累計は2619人となった。

 三戸地方保健所管内40代男性と八戸市50代男性は、職場関係者。25日に三戸地方の男性、26日に八戸市の男性の陽性が判明したが、外部からの感染経路は分かっていない。八戸市によると、同居人や職場関係者ら十数人が検査対象となっている。弘前保健所管内の50代男性は、中部地方で陽性が確認された人と県内で接触歴があった。関係性など詳細は調査中という。

 26日の感染確認発表3人に重症者はいない。同日現在の入院者数は31人で、前日から5人減った。一方で、前日ゼロだった重症者数が1人に増えた。県が公表している確保病床数261床に対する病床使用率は11.9%。