金木庁舎に設置された災害対応の自動販売機をアピールする(左から)迫上支店長、佐々木市長

 青森県五所川原市と大塚製薬仙台支店は26日、防災や健康増進に関する包括連携協定を結んだ。災害対応の強化に向け、停電時に手動で飲料水や健康食品などの同社商品を取り出せる自動販売機を金木庁舎に設置した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から