いのっちねぷたを興味津々な様子で見る子どもたち

 世界文化遺産登録が見込まれる「北海道・北東北の縄文遺跡群」の盛り上げを図ろうと、青森県弘前市の観光施設・津軽藩ねぷた村(中村元彦理事長)は、遺跡群のひとつ、同市の大森勝山遺跡近くの遺跡で出土した猪(いのしし)形土製品を模したねぷたを製作している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。